家を造るというといろいろな造り方(工法)がありますが、
私共の会社では宮大工である社長を中心に、
在来軸組み工法(簡単に言いますと日本の家の基本の造り方)をやっております。
これは建物の基礎(コンクリート)の上に土台といわれる角材を敷き、
その上に柱を立て梁を掛けるといった工法です。